〜秩父屋台囃子保存会〜「高野右吉と秩父社中」 ◆

初代 高野右吉と二代目

 昭和29年(1954年)11月、初代高野右吉を中心とするメンバーが、「全関東祭囃子コンクール」に出場して優勝し、「高松宮杯」を授かりました。この時、高野右吉は高い個人評価で認められ、「特別技能賞」を受けました。これを記念して結成したのが、当秩父屋台囃子保存会であり、以後、郷土芸能技術者としての自覚、誇りを強固にすると共に、技能練磨に一層の精進努力を払いました。
翌30年、初代高野右吉は無形文化財「秩父屋台囃子」保持者として、埼玉県より認定を受けました。昭和50年、叙勲に浴し、その後文化財指定30周年の記念として、私財を投じて私設太鼓伝習道場「講文館」を設立しました。この道場の門下生は現在1000名余りですが、道場外で育成した後継者を合わせると数千名余りに及んでおり、老若男女が全国はもとより海外からも寄り集まってきております。屋台囃子は秩父夜祭りの時に山車を動かすために打たれる太鼓ですが、秩父社中では祭り以外でも盛んな演奏を行っています。演目には、代表する「秩父屋台囃子」、「秩父音頭」の他、「大太鼓」、「清流太鼓」、「大黒舞」、「八木節」、「八丈太鼓」、「所作」等があります。 国内では、日本の太鼓(国立劇場)、日本万国博覧会、神戸ポートピア、つくば博、広島博等に出演し、天皇皇后両陛下の天覧を賜り、秩父宮妃殿下、高松宮妃殿下の台臨などの栄誉に預かるなど、全国的に活躍しています。
国外では、39日間カナダ遠征公演(日本のまつり)、オーストラリア(ザ・ワールド・ドラムフェスティバル)、アメリカ(ヒューストン・インターナショナルフェスティバル)、中国(国際太鼓芸術祭)に出演の他、国や県からの派遣、あるいは海外からの要請等により、世界18ヶ国で数十回に渡り公演芸術面、技術面共に絶賛されました。


練習道場内での練習風景

「高野右吉と秩父社中」練習道場内での練習風景

練習道場内での練習風景

ブラジル人入門者 山本雄二ブルーノ

練習道場内での練習風景

ドイツ ミュンヘンより 高野道場へ入門 パトレシア親子

平成8年9月 日本の太鼓(東京国立劇場)

平成8年9月 日本の太鼓(東京国立劇場)

練習道場内での練習風景

ブラジルから入門 レオナルド

練習道場内での練習風景

ドイツ人入門者 マウル・カテリーナ

無形文化財 秩父屋台囃子保持者 (初代)野右吉 【 明治35年(1902)〜昭和58年(1983) 】
 明治35年(1902)7月27日生まれ。「秩父社中」創立者。
若年の頃から祭りばやしに興味を持ち続け、島田盛蔵氏・加藤広吉氏に師事、指導を受け
「秩父屋台囃子」の独特のリズムと持ち味に磨きをかけながら修練に精力を注いできました。
昭和29年 全関東祭リばやしコンクールでの優勝を果たし「高松宮杯」を受賞したことを記念に「秩父社中」を結成しました。また、天皇陛下がご巡幸の際には昭和天皇の御前で演奏とその高い技能と功績が認められ、 昭和30年「秩父屋台囃子」保持者として埼玉県より認定を受けました。そして伝統と栄誉ある「秩父屋台囃子」を次代へ正確に伝承するため講習会や囃子の競演を行い技能者の養成に努めて参りました。長年にわたる功績と地域文化の貢献が認められ勲六等単光旭日章の栄誉にも浴しました。
無形文化財 秩父屋台囃子保持者 (初代)野右吉
秩父社中 家元 (二代目)野右吉 【 昭和17年(1942)〜 】
 二代目高野右吉は、昭和17年(1942)4月3日高野右吉の三男(本名東征)として生まれました。 幼い頃より父である初代高野右吉について秩父屋台囃子の稽古に日々打ち込みました。 昭和37年(1962)に屋合囃子保存会が結成され20歳で副会長に就任してからは、広く秩父地域を巡りながら、貴重な文化遺産の継承活動に努めてまいりました。また、国立劇場「日本の太鼓」、NHK「郷土芸能の祭典」、日本万国博覧会やつくば・仙台・広島・福島などの各博覧会、日本各地のイベントなどに出演し演奏しております。 毎週数回の練習には、秩父地域の子どもから大人までが入門し練習しており、中にはベネズエラやイギリス、アメリカなどからもわざわざ来られ入門する入もいる程です。太鼓道場での指導では受講料や使用料等は一切取らずにボランティアとして30年間も後継者の育成に努めております。

国指定文化財下郷屋台囃子保存会会長
全日本太鼓連盟一級公認指導員
秩父屋台囃子保存会会長
秩父太鼓連盟会長
講道館柔道五段

秩父社中 家元 (二代目)野右吉
高野右吉と傘鉾
待望の屋台完成! [平成14(2002)年5月12日公開]
(昭和60年に始まり平成14年5月完成)

太鼓に親しみ秩父屋台囃子がどんなに好きで実力のある者でも、祭りの山車に乗れるのは山車を待つ地区の人々に限られております。「練習しても乗れないのは残念」との声もあり、山車に乗れない子どもたちを不憫に思っていました。何かできないかと模索していたところ、笠鉾・屋台を製作し雰囲気だけでも楽しんでもらおうと自ら製作を思いつきました。大勢の方々のご協力と伝統芸能の保存伝承を力強く推進している"日本財団"のご協力により完成いたしました。
高野右吉と傘鉾
秩父屋台囃子保存会 「高野右吉と秩父社中」
秩父屋台囃子保存会 高野右吉と秩父社中 〒368-0012
埼玉県秩父市滝の上町9-55
事務局 TEL・FAX : 0494-22-2111
自宅   TEL・FAX : 0494-24-2111